リコー ハンディサイズプリンター「RICOH Handy Printer」を発売
小売業や物流業など、さまざまな現場で活用できる

2019/04/10 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア

RICOH Handy Printer

 リコーは、紙の上をスライドさせテキストや、画像、QRコード*1、バーコードなどをどこでも印字できるハンディサイズのモノクロインクジェットプリンター 「RICOH Handy Printer」を2019年4月17日に発売する。

 新製品は、「印刷で新しい価値を生み出す」をコンセプトに開発したもので、通常のカット紙はもちろん、不定形サイズの用紙や段ボールなどの立体物、水引のついたのし紙など、プリンターに通らない、もしくは通しにくい紙にも印字することができる。

 本体重量は約300gと小型化・軽量化を実現したほか、連続で2時間駆動できるバッテリーを採用。インクジェットヘッドが搭載された本体底部のインク吐出面を印刷媒体に置き、本体上部の印字スタートボタンを押しながらプリンターを水平にスライドさせることで、いつでもどこでも印刷できる。

 印刷データはスマートフォンやパソコンのアプリケーション*2から Bluetooth®、またはUSB*3接続により取り込める。テキストデータや画像、QRコードやバーコードを印刷することが可能なため、製造業や小売業、物流業をはじめ、さまざまな業務で幅広く活用することができる。

 特に小売業での活用としては、画像データが印刷可能なため、簡単なイラスト印刷や、商品タグのような小さい紙にバーコードやQRコードの印刷が行える。データは可変で作れるため、季節やキャンペーンなどに合わせた細かな更新も可能だ。

(本体標準価格: オープン価格)

*1 QRコードの段ボールへの印字は保証外
*2 Android™上で作動するアプリケーション、Windows®上で作動するアプリケーション(2019年5月末対応予定)
*3 OSはWindows®のみ対応(2019年5月末対応)

 

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media