豆腐市場、低糖質・高たんぱくの栄養価値が見直され、堅調に推移

ライター:山田陽美
Pocket

日本の伝統的な健康食品である豆腐。低糖質・高たんぱくの栄養価値が見直され、堅調に推移している。また、豆腐を使った新たな商品展開で、若年層へアプローチして市場の活性化を図っている。 

柔らかくなめらかな食感の充填豆腐が人気

 たんぱく質に加え、カルシウムやミネラルなどの栄養素が豊富な豆腐。春夏は冷奴、秋冬は鍋の具材など、年間を通して活躍している。食の洋風化などを背景にゆるやかな減少傾向だったが、健康志向の高まりで低糖質・高たんぱくという豆腐の栄養価値が見直され、健康食品としての需要が再び高まっている。

 KSP-POSデータの豆腐の期間通算(2021年10月~22年9月)の金額PIは、1万2434円で対前年同期比0.2%減。月別金額PIでは10月~6月まで微減傾向だが、7月~9月は微増となった。コロナ禍の内食生活の定着で豆腐の需要も高まったようだ。

豆腐 イメージ
低糖質・高たんぱくの栄養価値が見直され、堅調に推移している。(i-stock/kuppa_rock)

 豆腐には絹ごし豆腐、木綿豆腐、充填豆腐があり、近年は柔らかくなめらかな食感の充填豆腐が人気だ。食べきりサイズの2~3個パックが売れ筋で、そのまま使える6~8個の小分けタイプなども品揃えされている。

 充填豆腐ではタカノフーズの「絹美人」が人気。豆乳の甘みが感じられるなど、味わいで高く評価されている。また、柔らかくまったり濃厚な味わいの「寄せ美人」、鍋ものや煮物などに最適な「鍋美人」などラインアップを広げている。

 やまみでは、北海道産とよまさりを使用した「禅豆腐 北海道産とよまさり」シリーズが好評。風味がよく甘味があり、やわらかい食感が特長だ。

 豆腐はお味噌汁の具材や冷奴、湯豆腐などの食べ方が中心で、次いで麻婆豆腐や肉豆腐、スンドゥブなどが続く。日本の食卓に定着しているため、大きく需要を落とすことはないが、食べ方が広がっていないのが現状だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media