スンドゥブ市場、認知は高いが喫食経験率は約4割 さらなる市場拡大に期待

ライター:山田陽美
Pocket

豆腐と卵で簡単につくれる韓国の家庭料理のスンドゥブ。コロナ禍での内食需要の高まりに加え、韓国ドラマやK-POPなどの韓流ブームを追い風に食卓での登場頻度が高まっている。認知は高いものの喫食経験率はまだ低いため、トライアルを獲得すればさらに市場は拡大することができそうだ。

丸大食品「スンドゥブ」は約6割のシェアでトップを独走

 唐辛子のカプサイシン効果に加え、豆腐を使うことからヘルシーなメニューのスンドゥブが人気だ。手軽に本格的なスンドゥブがつくれるスンドゥブの素も好調で、KSP-POSデータによると2021年は19年対比で13%増と伸長した。スンドゥブの素の主な購買層は40代、50代の女性だが、最近は韓流ブームの影響で若い女性からも関心を集めている。

スンドゥブのイメージ
スンドゥブの素の主な購買層は40代、50代の女性だが、最近は韓流ブームの影響で若い女性からも関心を集めている。(i-stock/bonchan)

 スンドゥブカテゴリーの販売金額構成比ランキング(2021年1月~12月)では、丸大食品の「スンドゥブ マイルド」がシェア32%でトップ、「スンドゥブ 辛口」がシェア22%で2位となった。この2商品が圧倒的な強さでシェア54%を獲得した。おいしさで支持されている商品で、家庭のストックとしてまとめ買いされる商品だ。

 12位と13位には個食タイプの「スンドゥブ」(170g×3)のマイルドと辛口が入った。電子レンジ調理が可能なので、単身者などに人気だ。また、10位には「海老スンドゥブ」、15位には「牡蠣スンドゥブ」がランクイン。ベースのだしを海老と牡蠣に変えたスンドゥブで、鮮魚売場の活性化につながっている。丸大食品の「スンドゥブ」は、さまざまなニーズに対応したラインアップの多さが強みで、ブランド全体で約6割のシェアを獲得している。

 丸大食品が行った調査によると、スンドゥブの認知率は約7割と高いものの、喫食経験率は約4割にとどまった。同社ではトライアル獲得のため、新商品の投入やプロモーションの展開でさらなる市場拡大をめざしている。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media