チリワイン市場、中高価格帯のチリワインが好調、味わいのよさで高い評価

ライター:山田陽美
Pocket

輸入スティルワイン市場はコロナ特需の反動により2021年は前年割れとなった。そのなかで製造国別の金額シェアでは引き続きチリワインの構成比が高くなっている。チリワインのなかでも中高価格帯のワインが好調で、味わいなどの品質のよさで高く評価されている。

チリのシェアは41.7%で、依然トップをキープ

 量販市場の輸入スティルワイン(非発泡性ワイン)の原産国別販売金額において21年7月~22年6月のチリワインのシェアは41.7%で前年を0.4%下回った。微減状態が続いているものの、依然として40%を超える高いシェアをキープしている。2位のフランスのシェアは19.9%で、前年の0.2%増、3位のスペインは12.6%で前年の1%増、4位のイタリアは10.2%で前年の0.4%増となった。19年に欧州EPAが発効され、欧州産ワインが値下げされたことで欧州産ワインの需要増につながっている。19年以降、フランスやスペインがシェアを上げているとはいえ、コスパの高さや品種の多さなどを理由にユーザーから支持されているチリワインは、輸入スティルワインでの存在感は大きいといえそうだ。

チリワインのイメージ
チリワインは「安くておいしい」というイメージがあり、500円前後が主流になっているが、世界的には価格以上の価値が認められている。(i-stock/Brycia James)

 チリワインは「安くておいしい」というイメージがあり、500円前後が主流になっているが、世界的には価格以上の価値が認められている。とくに味覚満足度の高さでユーザーから支持されているのが「フロンテラ」ブランド。リーズナブルな価格でありながら、単一品種でつくられているアイテムが多く、品種による味わいが楽しめるのが魅力だ。

 チリワインの間口を拡大する役割を担っている「フロンテラ」は、積極的にトライしてもらうため、商品特徴をわかりやすく、味わいをシンプルに伝える首かけPOPを活用して店頭で訴求する。また、グラミー賞オフィシャルワインパートナーに選定されたことを受け、グラミー賞タイアップキャンペーン第2弾を9月から実施する。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media