揚げなくても天ぷらを楽しめる!? 昭和産業、天ぷらの常識を覆す新商品とは

上妻英夫(KIプレス)
Pocket

天ぷらは、世界でも絶大な人気を誇る代表的な日本料理の1つ。ただ、天ぷらには、油の価格高騰、調理後の油の処理といった難点があり、家庭で調理するにはややハードルがある。これらの悩みを解決し、家庭でも簡単に天ぷらを楽しめる新商品が9月1日より発売される。昭和産業(東京都)の「もう揚げない!!焼き天ぷらの素」だ。同商品は家庭料理の天ぷらにどのような変革をもたらすのだろうか。

揚げてないのに揚げたての食感!

 天ぷらは高い需要があるものの、自宅で調理する際にはキッチンの汚れ、調理の手間、調理後の油の処理などの面倒さがつきまとう。そうした天ぷらの問題を一挙に解消する画期的な新商品が、昭和産業の「もう揚げない!!焼き天ぷらの素」だ。

 同商品のキャッチコピーは「少ない油で調理簡単!!」。最大の特徴は、商品名にもあるとおり、天ぷらなのに揚げないで調理できるという点だ。調理方法は、具材に衣をつけて、フライパンに大さじ3杯程度の油を入れて“焼く”だけで、天ぷらが完成する。通常の天ぷらのようなザクザクとした揚げたての食感も感じ取ることができるのも特徴の1つ。

 昭和産業の社員24人を対象に、同商品でつくったさつまいもの天ぷらを食べてもらったうえで、「天ぷららしさを感じますか」と尋ねたところ、約96%(24人中23人)が「天ぷららしさ」を「感じる」と回答実感したという。社内アンケートということを差し引いても、同商品の特徴である天ぷらのザクザク食感は十分に表現されていると言っていいだろう。

 調理後の油は、キッチンペーパーで拭き取るだけで簡単に処理することができるため、面倒だった油の処理からも解放される。「天ぷらを食べたいものの、調理や後処理が大変で、総菜や冷凍食品、テイクアウトに頼っていた」という人にうってつけの商品だ。

商品パッケージ

 商品パッケージには、商品名だけでなく、「フライパンで焼くだけ!」「少ない油でザクザク食感!」「油はふき取るだけ 片付け簡単!」と商品の3つの特徴が一目でわかるように記されている。黄色を基調としたインパクトのあるデザインは食品スーパーの店頭でも目立つことが期待される。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media