IKEA渋谷店リニューアルで体現!イケアが「法人向け」を強化する周到な狙いとは

2022/05/13 05:55
湯浅 大輝 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

イケア・ジャパン(千葉県/ペトラ・ファーレ社長、以下:イケア)は、4月25日、IKEA渋谷店をリニューアルオープンした。リニューアルのポイントは、同店5階に、同社の都心型店舗としては初めて、様々な中小企業のオフィスづくりをサポートするインテリアプラニングサービス「IKEA for Business」を開設した点だ。

IKEA渋谷
IKEA渋谷店に新設された「インテリアデザインサービス」

「IKEA for Business」を渋谷店5階に集約!在宅勤務やリノベーション需要に対応

 イケアは2020年2月、IKEA渋谷店とは別に、渋谷道玄坂に法人向け家具のディスプレイ販売を行うスタジオ型店舗の「IKEA for Businessビジネスプラニングスタジオ」をオープンしていた。同店は、家具展示のみの店舗で、その日に買って持ち帰ることはできず、クレジットカードで決済し後日配送するかたちだけだった。イケアとしても、同店は、オフィスや小売店舗、飲食店などの法人に向けて内装のトータルコーディネートの相談を受ける「インテリアプラニングサービス(予約制・有料)」をメーンに提供する店、との位置付けだった。

 同社は10年10月より法人向けの家具販売事業を始めており、22年4月現在、全体の売上高のうち法人向けサービスが占める割合は約10%。道玄坂への出店は、同事業のさらなる売上の拡大を見込んだものだった。

 しかし、オープン間もない20年4月にコロナが直撃。在宅勤務が広がりを見せ、ビジネスプラニングスタジオにも「在宅勤務用のデスクが見たい」「デスク周りに設置する小物が見たい」という問い合わせが相次ぐなど、お客のニーズも変化してきたという。

IKEA渋谷Deputy Manager(副店長)で22年4月までIKEA for Businessのマーケットマネージャーを務めていた菊池武嗣氏も「コロナ禍で、法人のお客さまから『フリーアドレスのオフィスに変えたい』『オフィスを、より社員が交流し易い雰囲気のつくりにしたい』という新たなご要望をいただくようになった」と話す。

 今回のリニューアルは、在宅ワークおよびコロナ禍に合わせたオフィスのあり方を模索する法人需要の高まりを受け、より広い売場で(IKEA渋谷の売場面積は1~7階計約4800㎡、IKEA for Businessは455㎡)で法人向け商品を展開しようとしたのがきっかけだ。

実際に、同店5階、エレベーター付近には、在宅勤務を想定したデスクや椅子などの展示が並び、モニタースタンドなどのデスクスペースを充実させる商品群を展開する。向かって左に進むと、オフィスで使用することを想定したデスク類や、テレビ会議の際に便利な防音機能付きのスタンドなどを販売していた。IKEA

在宅勤務用のデスク周りに配置する小物類も展開
在宅勤務用のデスク周りに配置する小物類も展開

 同階の左奥に進むと、「IKEA for Business」のプラニングスペースが見える。この場所で、法人のお客に対してインテリアのコンサルティングサービスを行う。また、同スペースでは、都心型店舗では初めてキッチン関連の家具販売も展開する。キッチン扉や引き出しなどを、パーツからカスタマイズできるサービスで、美容室や飲食店、不動産会社などの店舗ビジネスを行う事業者に支持されているという。

新設されたキッチンのプラニングスタジオ

 「イケアはキッチンの施工業者と専属契約を結んでいて、好きな色や様々なスタイルの部品をカスタマイズして選び、イメージしたままのキッチンを実現できる『キッチンプラニングサービス』は人気が高い。イケアの得意とするデザイン性の高さと、専門業者の技術を掛け合わせた同サービスは、法人向け家具販売を行う他社でもあまり見られない」(菊池氏)

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media