ヨーグルト市場、コロナ特需の反動で21年は前年割れ、8月以降は回復基調

ライター:山田陽美
Pocket

2021年のヨーグルト市場は、コロナ特需の裏年にあたるため前年割れとなった。大容量タイプのプレーンヨーグルトはほぼ前年並みだが、ドリンクヨーグルトや個食タイプは厳しい結果となった。たんぱく質を強化したヨーグルトは引き続き堅調だ。

大容量プレーンは堅調、個食タイプは厳しい状況

 KSP-POSのヨーグルトの期間通算(2021年3月~22年2月)の金額PIは、3万1766円で対前年同期比4.1%減。コロナ禍による在宅勤務や外出自粛により、2020年は家庭内消費が拡大したが、21年はその裏年にあたるため前年割れとなった。

ヨーグルトのイメージ
コロナ禍による在宅勤務や外出自粛により、2020年は家庭内消費が拡大したが、21年はその裏年にあたるため前年割れとなった。(i-stock/kuppa_rock)

 カテゴリー別にみると、プレーンヨーグルトの期間通算の金額PIは6504円で同2.4%減。月別の金額PIでは、4~6月は前年の反動で前年割れとなったが、8月以降は微減もしくは横ばいで推移している。在宅機会の長期化により、大容量のプレーンヨーグルトが好調で、朝食だけでなく、昼食や夕食時にも食シーンが広がっている。なかでも健康志向を背景に伸長しているのが無脂肪タイプ。雪印メグミルクでは「ナチュレ恵megumi脂肪0」をこの春にリニューアル。使用する乳原料の配合を見直し、なめらかな食感に改良し、酸味をよりマイルドに仕立てた。

 また、たんぱく質が豊富に含まれているギリシャヨーグルトが注目を集めている。自粛生活により運動機会が減り、“コロナ太り”を気にする人にギリシャヨーグルトが選ばれているようだ。森永乳業では、昨年6月に大容量タイプの「ギリシャヨーグルトパルテノプレーン砂糖不使用280g」を発売。食シーンなども広がり、シリーズ拡大につながっている。この春には、商品特長が伝わるように、1個280gあたりのプロテイン量を明記し、“プレーン砂糖不使用”の文字をより見やすくリニューアルした。

 一方、個食タイプのフルーツヨーグルトの期間通算の金額PIは、7870円で同1.5%減。8月以降はほぼ前年並みで推移していることから堅調といえそうだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media