ノンアルコール飲料市場、健康志向を背景に好調に推移ビールテイスト以外のバリエーションも

ライター:石山真紀
Pocket

ノンアルコール飲料はコロナ禍による家飲み需要の増加と健康志向の高まりを背景に市場が拡大している。同カテゴリーに対する認知も広まり、定番のビールテイスト飲料だけでなく、ノンアルコールのレモンサワーやワインなど、商品ラインアップも多様化している。

※ノンアルコール飲料とは、「微アルコール(1%未満)」を含みます。

ビールテイスト・低アルコール、ともに2ケタ増の大幅伸長

 KSP-POSによると、ノンアルコール・ビールテイスト飲料カテゴリーの2021年3月から22年2月の期間通算金額PIは、前年比17.8%増の3375円、数量PIは同19.4%増の13.83と、金額・数量ともに前年を大きく上回る結果となった。

 月別の金額PIの推移を見てみると、21年8月を除きすべての月で前年比2ケタ増となっており、とくに21年7月は同38.9%増の大幅伸長で、市場全体が好調であることがわかるだろう。

ビール瓶のイメージ
ノンアルコール飲料のカテゴリーに対する認知も広まり、定番のビールテイスト飲料だけでなく、ノンアルコールのレモンサワーやワインなど、商品ラインアップも多様化している。(i-stock/Julio Bonfante)

 20年2月以降、新型コロナウイルスの影響により、生活者のライフスタイルが大きく変化。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により外飲みから家飲みへの流入が加速しており、家庭用酒類の需要が拡大したことでビールテイスト飲料の需要も拡大している。さらに外出自粛による運動不足や健康志向の高まりから、カロリーや糖質を抑えた機能系のビールテイスト飲料を手に取るビール類ユーザーも増えている。

 ビールテイスト飲料の好調を受けアサヒビール「ドライゼロ」、キリンビール「キリングリーンズフリー」、サントリービール「オールフリー」といったビールテイスト飲料の主力ブランドは飲みごたえやキレなど、よりビールに近い味わいをめざし、相次いでリニューアルを実施している。

 またパナバックの「ヴェリタスブロイ」は、22年3月にバージョンアップを実施。より厚みと奥行きがある味わいに進化した。同品は9種の必須アミノ酸を含む19種類のアミノ酸をバランスよく含むことから、健康を気にする女性を中心に新たな顧客を獲得している。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media