牛乳・乳飲料市場、健康意識の高まりで、たんぱく質を強化した乳飲料が好調

ライター:山田陽美
Pocket

コロナ禍での内食化が浸透したことで2020年は牛乳の需要が拡大したが、その反動で21年は前年割れとなった。一方、乳飲料は健康志向を背景に栄養素を強化した機能性乳飲料が市場を底上げした。

20年の反動もあるが、牛乳市場は堅調に推移

 KSP-POSの牛乳の期間通算(2021年3月~22年2月)の金額PIは、2万3811円で対前年同期比3.3%減。月別にみると、前年の需要増の反動で4月は同8.9%減、5月は同9.3%減と大きく減少したが、その他の月は微減なので堅調といえそう。年末年始に話題になった生乳の大量廃棄危機問題により、12月は同0.8%減、1月は同0.8%減、2月は同0.9%増と需要が高まった。牛乳はそのまま飲むだけでなく、料理などにも活用が広がっており、各社では牛乳を使ったメニュー提案に力を入れている。森永乳業では昨年の冬にホットミルク提案を行った。ホットミルクを飲むと体が温まり、気分が安定することが実証されている。同社ではブランドサイトで動画を配信し消費を喚起した。

牛乳のイメージ
牛乳はそのまま飲むだけでなく、料理などにも活用が広がっており、各社では牛乳を使ったメニュー提案に力を入れている。(i-stock/naturalbox)

 近年話題となっているのが、常温保存で賞味期限が長い牛乳。森永乳業では、搾乳後48時間以内に受け入れた生乳のみを使用し、殺菌後に無菌状態でパックした「森永牛乳200ml」を展開。ロングライフ製法により、常温で製造から60日間の賞味期限を実現した。また、明治では北海道産生乳を100%使用し、常温で91日の長期保存が可能な「明治特選北海道牛乳200ml」を今年1月に新発売。常温で長期保存が可能なので、ストック需要にも対応し、外出時などにも便利だ。しかも食品ロス削減にも貢献できることから、今後はこうした商品が広がっていくことが予想される。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media