チリワイン市場、日常のちょっとした贅沢が味わえるプレミアムワインの需要が高まる

ライター:山田陽美
Pocket

2020年3月以降のコロナ禍による需要増加の裏年にあたる21年は前年割れとなった輸入スティルワイン市場。そのなかでも製造国別の金額シェアでは依然としてチリワインが最もシェアが高くなっており、市場拡大に重要な製造国といえそうだ。

ユーザーからの支持が高いチリのシェアは41.7%でトップ

チリワインのイメージ
量販市場の輸入スティルワイン(非発泡性ワイン)の原産国別販売金額において21年のチリワインのシェアは41.7%で前年を0.7%下回ったが、依然としてシェアはトップをキープした(i-stock/Brycia James)

輸入スティル製造国別販売金額シェア コロナ禍の家飲み需要の高まりにより、2020年は家庭用の輸入スティルワインは大きく伸長したが、その裏年にあたる21年は3月以降、前年割れが続いている。各国ともに厳しい結果となった。

 量販市場の輸入スティルワイン(非発泡性ワイン)の原産国別販売金額において21年のチリワインのシェアは41.7%で前年を0.7%下回ったが、依然としてシェアはトップをキープした。2位のフランスのシェアは20%で前年の0.6%増、3位のスペインのシェアは12.1%で前年の1%増となった。19年に欧州EPAが発効され、欧州産ワインが値下げされたことで欧州産ワインの需要増につながり、19年以降は微増が続いている。チリワインは前年よりもシェアを落としているとはいえ、コストパフォーマンスの高さや品種の多さなどを理由にユーザーから支持されており、依然としてチリワインが重要な製造国であることは間違いない。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media