スーパーマーケット・トレードショー2022が2月16日から幕張メッセで開催!食品流通業界に最新の情報・商材・サービスを提供

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

全国スーパーマーケット協会が主催する日本最大級の流通業向け展示会「第56回 スーパーマーケット・トレードショー2022」(略称SMTS2022)が2022年2月16日から18日の3日間、千葉・幕張メッセで開催される。コロナ下での開催となった前回に続き、新しい生活様式に対応した商談の場として参加者の安全・安心に配慮した同会。“食”に関する最新の情報・商材・サービスが集結する、SMTS2022ならではの見どころを紹介する。

食品流通業界に最新の情報・商材・サービスを提供「SMTS2022」(1~11ホール)

昨年のSMTS2021開会式と会場の様子
昨年のSMTS2021開会式と会場の様子

 スーパーマーケット・トレードショー(以下、SMTS)は、スーパーマーケットを中心とする食品流通業界に最新情報を発信する商談展示会。小売業をはじめ、卸・商社、中食、外食業界から多数のバイヤーが来場する同展示会は今回で56回目を迎える。

SMTS2022開催概要 主催の全国スーパーマーケット協会は、SMTS開催について「ライフラインを守るスーパーマーケット業界の展示会」「中小企業支援」「コロナ対応提案による営業支援」の3点を掲げ、感染症などのリスクを最小限に抑えつつ、食品流通業におけるリアルなビジネス商談の場を提供していく。

 SMTS2022はコロナ下での初の開催となった前回に引き続き、あらゆる感染症対策を講じ、出展者数1715社・団体、3016小間(2021年11月1日現在)の規模で開催される。全国各地の自治体や地方金融機関などの取りまとめにより、1200社以上の地域産品メーカーが出展するほか、海外からも6カ国、52社・団体、67小間が参加し、バラエティーに富んだ商材を紹介する。SMTSでは今回よりSDGsへの取り組みも開始。運営事務局をはじめ、出展者、来場者がフードロスや環境配慮といった取り組みを実施する。

 入場に関しては新型コロナウイルス感染症対策として完全事前登録制を導入し手指消毒やマスク着用、検温を来場者にも義務付け、出展者向けのバッジ発行枚数も制限。さらに出展者向けとして感染症対策をわかりやすくまとめたパンフレット「出展者の手引き」を配布している。ソーシャルディスタンスを考慮して通路を拡幅し、一部の表彰式などを除きセミナーなどはすべてオンラインで実施する。

全国スーパーマーケット協会事業部展示会課主任  吉沢 敦氏
全国スーパーマーケット協会事業部展示会課主任 
吉沢 敦氏

 SMTS2022は各出展者のブースに加えて多彩な主催者企画も魅力だ。新企画となる「食のトレンドゾーン」は、ダイエットやケアフーズといった美しく健康的なココロとカラダづくりに役立つ商品群「美と健康×食」、オーガニックやプラントベース、SDGsなど持続可能性に配慮した商品群「サステナビリティ×食」の2テーマに沿って、来場者に最新のトレンド情報と商品を紹介する。

 継続企画となる「てづくりNIPPON」は、日本の伝統・伝承を重んじ、地域や質にこだわったつくり手の“技”や“想い”を、地域の食生活や食文化、そして歴史を絡めて提案する企画。日本酒、焼酎、クラフトビール、ワインなど、約40社の商品を紹介する。「食の安心・安全対策」コーナーでは国際基準であるHACCPをはじめとした食品スーパーマーケットの食品安全に関する情報発信を目的としたブースを店舗設備・資材ゾーン内に設置。また、事前申込制による流通バイヤーとの個別商談会「ビジネスマッチング@SMTS2022」も国際会議場にて開催予定だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media