消費者の変化と原価高騰に対応し、2022年の食品スーパーはこう動く! 食品MD総まとめ!

松尾 友幸 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

冷食売場拡大に取り組む企業続々

 簡便・即食商品としては、冷凍食品のニーズも急速に拡大しつつある。従来の弁当のおかず用商材だけでなく、冷凍野菜などの素材系商品や一食完結型のメニュー、冷凍パン・スイーツなど大幅に品揃えを拡大するほか、冷凍食品にEDLP(エブリデー・ロー・プライス)の導入を開始するSMも少なくない。ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)は21年10月にオープンした新たな旗艦店「ヤオコー和光丸山台店」(埼玉県和光市)で、EDLPを訴求した同社最大規模の冷凍食品売場を展開するほか、生鮮売場の平台でも冷凍肉や冷凍魚の品揃えを強化している。

 総合スーパー大手のイトーヨーカ堂(東京都/三枝富博社長)も「イトーヨーカドー和光店」(埼玉県和光市)で同社最大の約80坪の冷凍食品売場を展開。同社は冷凍食品・日配品・総菜を一体化した売場を展開し、冷凍・冷蔵・常温の三温度帯で商品を取り扱う。顧客が自分の状況に応じて商品を選べるような売場を構築するという独自の施策に取り組んでいる。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media