ユニクロ、立体形状の「エアリズム 3Dマスク」を1月発売、2枚組・990円

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ユニクロの「エアリズム 3Dマスク」
型崩れしにくい立体構造のため、呼吸や会話がしやすいのが特徴

 ユニクロは2022年1月1日、「エアリズム 3Dマスク」を発売する。20年6月から販売している「エアリズムマスク」の新シリーズとして、2枚組・990円で販売する。

 3Dシームレス設計を採用し、継ぎ目や縫い目のない立体的な形状を実現した。デザインは著名デザイナーの吉岡徳仁氏が手がけた。不織布を機能性素材エアリズムで挟んだ3層構造となっており、バクテリア飛沫を99%カットする。

 型崩れしにくい立体構造のため、呼吸や会話がしやすいのが特徴。耳ひもの長さを調整できる機能を追加したので、長時間着用しても耳が痛くなりづらいという。エアリズムマスクと同様に洗濯用ネットを使って洗濯機で洗うことが可能で、専門機関のテストでは20回洗濯した後も不織布フィルターが一定の効果を持続することが確認された。

 SからXLまでのサイズ展開で、色は白、ネイビー、ピンクの3色。全国のユニクロ店舗とオンラインストアで販売する。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media