デリバリー・テイクアウトに関する消費者調査 コロナ禍で「初めての店」利用した人は3割以上

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

リクルート(東京都)は8月27日、コロナ禍での外食店のデリバリーとテイクアウトの利用に関する消費者調査の結果を公表した。調査によると、コロナ禍以前に利用したことがない店を利用した消費者が3割以上で、うち「コロナ禍終息後は店内でも食べたいと思った」という声が7割に上る結果となった(2021年7月「ホットペッパーグルメ外食総研」が実施したネット調査。対象は20歳~69歳の男女で、有効回答数は10,007件)。

フードデリバリーのイメージ
i-stock/tdub303

コロナ禍前は利用したことがなかった外食店のデリバリー、テイクアウトを利用した人は32.5%

コロナ禍以降(2020 年 4 月以降)、外食店が実施するデリバリー・テイクアウトについて利用したこと があるもの(全体/複数回答)

 調査によると、コロナ前(2020年3月以前)には利用したことがなかった店からデリバリーまたはテイクアウトをした人は32.5%に上った。店内で食事をしたことがある店からデリバリー・テイクアウトした人は、ほぼ同数の35.4%だった。コロナ前には利用したことがなかった店からのデリバリー・テイクアウトには、次の3つのパターンがある(複数回答)。

  • 利用したいと思っていたが、実際には利用したことがなかった店から(14.1%)
  • 知ってはいたがそれまで利用しようとは思わなかった店から(17.6%)
  • それまでは知らなかった店から(13.6%)

 回答者約1万人の中の3,200人ほどが利用したことがない店を利用し、知らなかった店を利用した人も1,300人ほどいたことになる。この結果からは、利用したことがない店からデリバリー・テイクアウトをすることに、消費者の抵抗感が低いということがうかがえる。

 性別・年代別では、「利用したことがなかった」外食店からのデリバリー・テイクアウトを利用したのは20代、30 代女性が多かった。一方、利用したことがある外食店からデリバリー・テイクアウトした人は35.4%で、定期的に利用していた店からが16.6%、定期的ではないが利用したことがある店からが23.9%だった。いずれにも当てはまらない、つまりコロナ禍でも外食店からデリバリー・テイクアウトなどを利用していないと答えた人は44.2%だった。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media