中四国9県別小売業売上ランキング2021 SM好調、イズミ・フジが大苦戦

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

1000社ランキング

 中国・四国エリアでは、食品スーパー(SM)と総合スーパー(GMS)で業績の明暗が分かれた。

 巣ごもり特需の恩恵を受けたSMでは好決算が相次いだ。2019年3月にマルナカおよび山陽マルナカを吸収合併したマックスバリュ西日本(広島県)では、既存店売上高が対前期比3.9%増と好調に推移し、増収を達成。当期純利益でも黒字化を果たした。21年2月期は7店舗を新規出店、20店舗を改装して店舗網を強化する一方、20年10月にはハリマ農業協同組合(兵庫県)から移動販売事業を継承し、山口県、広島県と合わせた3エリアで移動販売も展開している。

 リテールパートナーズ(山口県)も

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media