市場規模5兆円台に縮むGMSの市場占有率、PPIHのシェア拡大目立つ

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

sample

上位5グループのシェアが9割を超えている総合スーパー(GMS)市場。事業構造改革が進められるものの苦戦が続き、市場の縮小が止まらない。そうしたなか最大手イオン(千葉県)はさらなるM&A(合併・買収)を進めてシェアを高めている。

ヨーカ堂は23年度中に構造改革にめどを

 2021年度のGMSの市場規模は14社の営業収益を合計した5兆9430億円。ECや専門店の台頭でGMS業態の苦境が続くなか、GMSではなく食品スーパー(SM)を中心とした運営に舵を切る企業が増えている。今年度からその実情に合わせて、西友(東京都)、ダイエー(東京都)、イズミヤ(大阪府)の3社の区分をGMSからSMへと移行したため、市場規模は前年度比で18.7%縮小した。

 前年度の市場規模から前出の3社を除いて比較すると(以下の比較はこの条件を適用)同1.4%減。各社GMSの構造改革を進めるものの、市場縮小に歯止めがかからない。

イオンのロゴ
21年9月、マックスバリュ西日本(広島県)がフジ(愛媛県)と経営統合する契約を結んだと発表。24年3月に合併し、新会社を設立予定だ。フジがグループ入りしたことで、イオングループの営業収益は計2兆6154億円となり、市場シェアは同3.7ポイント(pt)増の44%まで拡大した。写真は千葉市で2016年11月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 こうしたなか最大手イオンはさらなるM&Aに踏み切った。21年9月、マックスバリュ西日本(広島県)がフジ(愛媛県)と経営統合する契約を結んだと発表。24年3月に合併し、新会社を設立予定だ。フジがグループ入りしたことで、イオングループの営業収益は計2兆6154億円となり、市場シェアは同3.7ポイント(pt)増の44%まで拡大した。これにより上位5グループの合計営業収益も5兆6381億円と増加し、市場シェアは同4.9pt増の94.9%と、上位企業の寡占化が約95%まで達している。

 2位のイトーヨーカ堂(東京都)も、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media