需要激減に喘ぐアパレル業界で活発化する2022年の再編まとめ

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

流通相関図大

 長引くコロナ禍で消費激減にあえぐアパレル業界。この1年の再編をめぐる主だった動きとしてまずは、ベビー・子供服の西松屋チェーン(兵庫県)が21年8月に衣料・雑貨販売のパレモ・ホールディングス(愛知県)の筆頭株主になったことが挙げられる。西松屋チェーンは21年2月期の決算で増収・増益を記録するなど、コロナ禍でも業績好調だった。10~40代の女性向けに婦人衣料ブランドの「suzutan(スズタン)」や雑貨販売の「illusie300(イルーシーサンマルマル)」などを展開するパレモHDは、西松屋チェーンと低価格帯商品、日用品を扱う点で共通点が多く、両社は今後連携を深めていく構えだ。

 青山商事(広島県)は、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media