凸版印刷がシュフーとマピオンなどを統合した新会社 ONE COMPATH(ワンコンパス)を設立

2020/03/27 15:16

新会社ワンコンパス代表取締役社長CEO 早川 礼氏

新会社ワンコンパス代表取締役社長CEO 早川 礼氏

凸版印刷は、3月27日に都内で記者発表会を実施し、4月1日に地図サービス「マピオン」を母体として電子チラシ「シュフー」などのサービスを統合した新会社ONE COMPATH(ワンコンパス/東京・代表取締役社長CEO 早川 礼氏)の設立を発表した。

 

ワンコンパスは凸版印刷による100%出資の新会社で、今までの受注型から、デジタル起点での事業変革を行うという凸版印刷の事業戦略のもとに設立。利用率No.1で、月間1100万人のチラシ情報アプリ「Shofoo!」、月間1200万ユーザー、250企業に利用されている日本初のインターネット地図サービスである「マピオン」のほか、位置ゲームの「ケータイ国盗り作戦」、コミュニケーションアプリ「ふたりの」、ウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」などのサービスを統合。

 社名は羅針盤として凸版印刷グループのデジタルトランスフォーメーション(DX)を導く意味のコンパス(compass)と、com(共に)とpath(道を作る)の意味を持たせた。“地域性×日常生活行動”、“チャレンジできるカルチャー”などを理念として、生活行動圏(ワンマイル)の、あらゆる地域情報を可視化し、地図情報などのデータを活用して買い物情報、店舗情報など、「地域」や「今」を変えるサービスを提供していく。地域のくらし情報No.1企業を目標として、2021年には100億円の売上をめざす。

凸版印刷株式会社 常務執行役員 坂井 和則氏
凸版印刷株式会社 常務執行役員 坂井 和則氏

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media