【小売DX】購買体験を革新へ 価値創出するカギは、「CX」「EX」「バリューチェーン」

2022/09/08 16:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

原田崇史事業部長と阿部幸治編集長

デジタルを活用し、新たな顧客接点を創出へ
ユナイテッド・スーパーマーケットHDが導入する「Brainforce」とは

新型コロナウイルス禍による外出機会の減少で消費者の購買行動が変化している。ネットスーパーやオンラインを利用した買い物が浸透するなか、実店舗ならではの買い物体験価値の向上が以前にも増して必要とされている。小売業は消費者の購買行動の変化にどのように対応すべきだろうか。

店舗の競争力を高めるためには、デジタル活用による顧客体験の向上が大きなカギとなる。デジタルを活用した顧客との新たな接点をつくらなければ、新たな価値提供は難しくなるだろう。その一方で、慢性的な人手不足が続く小売業には、業務効率化につながるデジタル化も求められている。顧客体験(CX)に加えて、従業員体験(EX)の向上にも貢献し、消費者からも従業員からも評価されるような、あるべき小売業に近づくためのデジタルトランスフォーメーション(DX)が求められていると言えるだろう。

富士通はこうした小売業の課題を解決するとともに、価値を創出するためにDX支援ソリューション「FUJITSU Retail Solution Brainforce」を提供している。Brainforceは小売業の企業規模の大小に関わらず、現場に寄り添い、あるべき未来の姿からDXにおける課題解決を図り、デジタル活用の戦略的パートナーとして競争力のある店舗づくりを支援するソリューションだ。消費者一人ひとりに新たなCXを提供するとともに従業員が生き生きと働ける職場環境を提供すること、CXとEXをバランスよく向上させ、バリューチェーンの最適化を図ることを目指す。とくに、中小小売業の課題であるCXの向上に向き合い、その具体策として「購買体験の革新」を通じた価値創出の提案に力を入れている。

今回、富士通デジタルソリューション事業本部SmartRetail事業部の原田崇史事業部長とダイヤモンド・リテイルメディア『ダイヤモンド・チェーンストア』の阿部幸治編集長による対談を通じて、Brainforce導入の特長と導入メリットについてわかりやすくレポートにまとめた。導入事例としてユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)のも紹介している。是非、御社のDXを加速させるために、レポートをご覧いただきたい。

レポートのダウンロードはこちら

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media