「卵の白身だけ」の食品が人気!? 中国で進む健康ブームと代替食品の最前線とは

balconia Shanghai Ltd.
Pocket

「低糖質・無糖」「高タンパク質」の市場が急拡大・定着へ 代替食品も次々と新発売

2019年中国は「健康中国行動(2019-2030)」を導入し、社会全体での減塩・減油・減糖を提唱した。それに伴い大手企業が次々と糖質制限関連の新商品を発売し、食品・飲料業界に低糖質・無糖ブームが到来した。またCOVID-19の影響で消費者の健康意識が高まり筋トレする層が増え、タンパク質関連食品も流行している。今回は中国で今流行している健康に関する代替食品を紹介する。

拡大する無糖飲料市場

 健康中国飲料食品糖質削減白書(2021年版)によると、中国の無糖飲料の市場規模は2027年に276.6億元に達すると推定され、無糖飲料の市場シェアは3年間でほぼ倍増した。しかし、中国の無糖飲料の市場シェアは日本に比べるとまだ低く、今後、成長すると見込まれている。2016年まで中国ではお茶にも砂糖が入っており、サントリーの烏龍茶でさえ「微糖」がよく売られていた。現在、店頭ではそれら低糖の商品を見かけることは少なくなった。

サントリーの烏龍茶。赤いラベルに「低糖」という文字。公式ECサイト(JD.com)より引用。
サントリーの烏龍茶。赤いラベルに「低糖」という文字。公式ECサイト(JD.com)より引用。

「低糖」のスイーツ代替食品がコンビニにも並ぶ

 無糖炭酸飲料や無糖茶が急増しており、ドリンクスタンドで有名な喜茶も「0カロリー飲料」を発売している。中国で糖は日本より「体を悪くするもの」の意識が強く、ダイエット以外でも「糖質制限」や「抗糖化」志向などで無糖飲料の需要が高まっている。タピオカミルクティー大国の中国では、ミルクティーやケーキを制限する人が増えてきており、我慢できない人のためのスイーツ代替食品が多く見受けられるようになっている。ストイックに糖を断つというより、見た目もよく味もおいしい代替食品が登場しており、ECのみならずコンビニ等でも気軽に購入できる環境が整ってきている。

(左)ダイエット飲料「Wonder Lab」の高タンパク低カロリーのミルクシェイク。現在はコンビニでも売っている。(右)ゼロ蔗糖、低炭水化物のケーキ。最近は炭水化物15gを切るパンやケーキが人気。
(左)ダイエット飲料「Wonder Lab」の高タンパク低カロリーのミルクシェイク。現在はコンビニでも売っている。(右)ゼロ蔗糖、低炭水化物のケーキ。最近は炭水化物15gを切るパンやケーキが人気。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media