EC大国におけるオフラインでのリアルブランド体験の進化

balconia Shanghai Ltd.
Pocket

中国関連はEC関連のニュースが取り上げられることが多いが、オフラインにおいてもグローバル旗艦店がオープンし、ポップアップキャンペーンが特に一・二級都市を中心にかなり盛んに開かれている。今回はEC大国であるからこそオフライン体験をとても重視している上海での事例を紹介する。

GENTLE MONSTERの未来型リテール「HAUS」の二店舗目、 HAUS SHANGHAI

 2021年10月に中国初の未来型リテールスペース「HAUS SHANGHAI」が正式にオープンした。HAUSとは、メガネブランドGENTLE MONSTERによって作られた未来型リテール店舗である。2021年3月ソウルにHAUS DOSANがオープン、HAUSプロジェクトの二店舗目かつ中国初の旗艦店となる。

 総面積3350平方メートル4階建てとなっており、1階はGENTLE MONSTER傘下のデザートブランド「NUDAKE」、2階は世界最大の「GENTLE MONSTERストア」、3階はブランドがキュレーションした展覧会やコラボレーションを展示する展示スペース、4階は中国初のフレグランスブランド「TAMBURINS」の旗艦店で構成され、ユニークな没入型スペースでまったく新しい未来の小売体験を提供する。

 1階には本物の馬と同じ大きさの「機械馬」がおり、ある時は鳴き、ある時は咀嚼している。3階の展示スペースには巨大な人間の顔がゆっくりと動いている。

ユニークな没入型スペースで新しい未来の小売体験を提供
ユニークな没入型スペースで新しい未来の小売体験を提供

 もともとGENTLE MONSTERは店舗ごとにコンセプトがありそれぞれが個性的なインテリアで有名だが、実はこの「HAUS SHANGHAI」はブランド側からの出店ではなく、上海がデザイン都市として未来的な店舗空間である「HAUS SHANGHAI」の誘致に成功し、特徴的でユニークな未来のリテール体験を中国市場に初めてもたらした。
 HAUS SHANGHAIのオープンは、小売店の空間に新しい風を吹き込み、消費者との新たな関係性を構築し、世界の観光目的地として上海の新しいクリエイティブなトレンドになるだろう。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media