ウォルマート、テキストメッセージで商品を注文、一部地域で実証実験

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ウォルマートのテキストメッセージを送ると商品が注文できるサービスのイメージ
サービスを本格展開する時期は明らかにしていないが、「将来は広く利用できるようにする」としている

 ウォルマートは、スマートフォンでテキストメッセージを送ると商品の注文ができるサービスの実証実験を始めたことを明らかにした。メッセージや音声による会話型コマースの研究開発を進めている。

 同社のテクノロジー部門「グローバルテック」とスタートアップの育成・支援を手がける「ストアナンバーエイト」の共同チームが、「ウォルマート・テキスト・トゥ・ショップ」のベータ版を一部の地域でテスト中であることを10月14日に公式ブログで明らかにした。

 サービスを本格展開する時期は明らかにしていないが、ストアナンバーエイトの会話型コマース担当バイスプレジデント、ドミニク・エシグ氏は、「将来は広く利用できるようにすることを楽しみにしている」と述べている。

 ウォルマートが2016年に買収したEC(インターネット通販)スタートアップ企業のジェット・ブラックは、ニューヨーク市の会員限定でテキストメッセージによる注文を受け付けるサービスを行っていたが、ウォルマートはジェット・ブラック事業から2020年に撤退した経緯がある。

 また、ウォルマートはグーグルと連携し、音声アシスタントの「Googleアシスタント」を使って、同社のECサイトの商品を注文できる実証実験を2019年から続けている。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media