ウォルマート、ネットフリックスとECで連携、番組関連グッズ販売

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ウォルマートとネットフリックスのロゴ
「Netflix Hub」という特設サイトを開設、独占販売商品などを取り扱う

 ウォルマートは10月11日、動画配信サービス大手の米ネットフリックスとのEC(インターネット通販)連携をスタートさせた。ウォルマートのECサイトで、ネットフリックスが配信するオリジナル番組の関連グッズを販売する。

 ウォルマートのECサイト内に特設サイト「Netflix Hub(ネットフリックス・ハブ)」を開設した。Tシャツなどの衣料品や玩具、文具、ゲーム、音楽などを販売する。ウォルマート独占販売商品も多数取り揃える。

 人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」の登場人物の人形(19.99ドル)やグリーティングカード(7.97ドル)、人気アニメ「アダ・ツイスト」のキャラクターをあしらった手帳(24.82ドル)などを販売している。

 ネットフリックス・ハブでは、番組ファンによる投票で商品化の要望が多いものをウォルマートが実際に商品として販売する「ネットフリックス・ファン・セレクト」と呼ぶ試みも始める予定だ。

 ネットフリックスは190カ国以上で動画配信サービスを行っており、有料会員数は2億人を超える。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media