ユーロ圏消費者物価、9月は13年ぶり上昇率 供給制約が影響

ロイター
Pocket

ローマの市場で買い物をする人
10月1日、 欧州連合(EU)統計局が発表した9月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値は前年比3.4%上昇と、2008年9月以来13年ぶりの高い伸びを記録した。ローマで3月撮影(2021年 ロイター/Yara Nardi)

[フランクフルト 1日 ロイター] – 欧州連合(EU)統計局が1日発表した9月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値は前年比3.4%上昇と、2008年9月以来13年ぶりの高い伸びを記録した。

アナリストの予想は3.3%上昇、8月は3%上昇だった。

エネルギーのほか、供給制約が生じている耐久財が押し上げ要因だった。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media