オーストリアの物流企業とタッグ、クローガーが導入する新物流システムとは? カルフールは店頭に受け取り拠点を設置

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

クローガー、新たな物流システムを導入

クローガーが導入したKNAPPのシステム
クローガーはサプライチェーン効率化の一環として、グレートレイクスDCにKNAPPのシステムを導入した

 7月2日、米国スーパーマーケット(SM)最大手のクローガー(Kroger)は、オハイオ州デラウェアにあるグレートレイクス配送センター(DC)の機能強化を図るために、物流システム開発のKNAPPと提携したことを発表した。同DCは床面積1万2100㎡に増床され、最新鋭のテクノロジーが導入される。完成は今夏の予定だ。

 2003年に開設したグレートレイクスDCは、20年近く経った現在も、オハイオ州中部から北西部、ミシガン州南東部にかけての115店舗に商品を供給している。

 「同施設の改装は、当社が現在実行中のサプライチェーン・ネットワーク改革の一環である。新システムの導入によってキャパシティは2倍になる。需要が増えれば、それに合わせて処理量を増やせるようになる」とクローガーのサプライチェーンとネットワーク戦略を担当するトニー・ルチーノ副社長はコメントした。

 KNAPPはオーストリアに本社を置く企業で、米国本部はジョージア州アトランタにある。KNAPPは、世界各地のSMをはじめ、アパレル、ドラッグストアなど幅広い業種業態の企業に対して、カスタムメイドの物流自動化システムを提供している。スイスのミグロス(Migros)、ドイツのエデカ(Edeka)、オーストラリアのウールワース(Woolworths)なども同社の仕組みを採用している。

 グレートレイクスDCには、「OSRシャトル」「RUNPICK荷積みロボット」というKNAPP独自の

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media