売上高1兆円を突破!知られざる中国発巨大アパレル「シェイン(Shein)」の正体

菊谷信宏(GloTech Trends)
Pocket

D2Cファストファッションブランドのシェインのサイト
D2Cファストファッションブランドのシェインは、若年層の強い支持を集めながら破竹の勢いで成長しており、売上高は数年後に「ザラ」を超えるともいわれている

 最近アメリカを中心に世界中で人気が高まっているシェイン(Shein)だが、シンガポールなど東南アジア地域でも話題となっている。6月25日にはシンガポールにビジネスハブ拠点の設立を発表するなど東南アジア地域でも戦略強化の構えである。

 リアル店舗戦略をとらず、オンライン販売に特化したビジネスモデルのシェインは、コロナ禍を背景にオンライン戦略を成功させ、成長スピードを加速させている。すでに同社はインドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシアなどで独自ECサイトを展開。シェインの強みであるD2C(Direct to Customer)スタイルの低価格戦略は、東南アジアの消費者層から強く支持されており、デザイン性に富んだ新商品が毎日提供され、ソーシャルメディアとの連携にも優れることから、若者を中心に多くの注目を集めている。

 シェインの概要は多数のメディアで紹介されているのでここで詳しくは言及しないが、リアル店舗を保有せずオンライン販売に特化しながら、今期のシェインの売上高は、「ユニクロ」の国内売上高の1.5倍に到達するとも噂されている。売上規模に比べまだまだ知名度は低い印象だが、数年後にはインディテックス(Inditex)が展開する「ザラ(Zara)」の売上高を上回ることも確実視されており、知名度が向上していくのは間違いない。

 そんなシェインだが、ビジネスモデルの点で従来のファストファッションブランドと大きく異なっており、ファッション業界におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)企業のパイオニアとして、特別扱いで整理しておく必要がありそうだ。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media