米首都ワシントン司法長官、アマゾンを提訴 反トラスト法違反

ロイター
Pocket

アマゾンのロゴ
米首都ワシントンのラシーン司法長官は25日、アマゾン・ドット・コムが反トラスト法(独占禁止法に相当)違反で提訴したことを明らかにした。ニューヨークで2020年3月撮影(2021年 ロイター/Andrew Kelly)

[ワシントン 25日 ロイター] – 米首都ワシントンのラシーン司法長官は25日、アマゾン・ドット・コムが反トラスト法(独占禁止法に相当)違反で提訴したことを明らかにした。

同司法長官事務所によると、アマゾンは同社サイトに出品するサードパーティー業者に対し、商品の価格をアマゾン以外のサイトで提供している価格と同水準もしくは低く設定することを違法に要求。これによって、サードパーティー業者は自社サイトなどで商品を値引きすることができない状況になっているという。

ラシーン司法長官は「アマゾンがオンライ小売市場における支配的な地位を利用している」と指摘。「サードパーティー業者や消費者の犠牲に利益を最大化すると同時に競争やイノベーションを阻害し、違法な方法で自社に有利な状況を作り出している」と述べた。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media