クローガー、オカドの巨大ネットスーパー配送センターが本格稼働、勝ち組になれるか?

後藤文俊(在米流通コンサルタント)
Pocket

usaretail680

米スーパーマーケット(SM)最大手のクローガー(Kroger)は近年、ネットスーパー事業の強化を図るべく、積極的な投資を行ってきた。その最たる例がネットスーパー専用の大型倉庫(CFC)の設置であり、莫大な投資と時間をかけ、ようやく本格稼働の時を迎えた。コロナ禍でECへの需要が急激に増加しているのは周知のとおりだが、クローガーはCFCを武器にしてリアルとネットの双方で“勝ち組”企業になることはできるか。直近の動向と経営トップの発言から未来を占う。

3年越しにCFCが本格稼働

 クローガーは4月14日、ネットスーパーの専用倉庫としてCFC(カスタマー・フルフィルメントセンター)が正式に稼働したことを発表した。

 稼働を開始したのは、米中部オハイオ州モンローにある33万5000平方フィート(約9380坪)のCFCである。2018年に資本業務提携を結んだ英ネットスーパー専業のオカドグループ(Ocado Group)が持つAIやロボットをはじめとする自動化技術をフル導入したもので、19年6月に着工、総工費5500万ドル(約60億円)をかけてようやく完成した。すでに3月4日からテスト稼働を始めており、約400人の人員を配置。生鮮食品から日用品まで約5万品目の在庫を保管・処理する能力を持ち、24時間稼働する。

 やはり注目したいのは、倉庫内の自動化がどこまで進んでいるかだろう。モンローのCFCでは、最大で1000台以上のピッキングロボットが稼働できるが、今のところは275台が2万7000品目の商品をピッキングしているという。ロボット1台当たり50アイテムを最短3分でピックアップでき、配送準備を完了するまでにかかる時間は5分程度である。

オカドの技術を導入したクローガーのCFCの様子
オカドの技術を導入したCFCの様子。ピッキングロボットが縦横無尽に動き回り商品をピックアップする

 CFCからは、約400台のバンやトラックで半径90マイル(約140km)圏内にある店舗や顧客の自宅に配送。配送車両は冷凍や冷蔵など複数温度帯に対応しており、1台当たり最大で20件分の注文商品を運搬する。

 モンローCFCはオハイオ州だけでなく、ケンタッキー州やインディアナ州の一部も配送エリアとしてカバーする。クローガーは同CFCについて、中期的にリアル店舗のおよそ20店舗ぶんに当たる年間6億~7億ドルの収益をあげ、4年後には黒字化を達成したいとしている。ちなみにクローガー社内では、オカドとの提携関係も踏まえてか、CFCを親しみを込めて「オカド・シェド(Ocado Shed)」とも呼んでいるようだ(シェドは「納屋」「小屋」といった意味の単語)。

オカドの技術を導入したクローガーのCFCの様子

投資対効果に疑問の声もCFCの設置拡大を継続

 CFCは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media