クローガーが予測する2021年の10大食トレンドとは?アズダが実験する代替肉売場に注目

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

worldnewspickup

クローガー、2021年の食トレンドを予測

 米国スーパーマーケット(SM)最大手のクローガー(Kroger)は20年12月17日、同グループの約2800店舗とECの購買データ分析から、20年の食トレンドのトップ10と21年の7つのトレンド予測を発表した。

クローガーが発表した21年の食の7大トレンド
クローガーが発表した21年の食の7大トレンド

 コロナ禍によってライフスタイルが一変した20年のトレンドのトップ10にランクインした食品は、カロリーゼロのソフトドリンク、各種フレーバーのポテトチップス、コーヒー・ポッド(カプセル式コーヒー)、ハンバーガー・パティ(生)など、家庭での時間を楽しめるような食品が目立った。

 また、クローガーは21年の7つのトレンドを予測。①「心身の機能を維持する食品」(スーパーフード、エルダーベリーなど)、②「安らぎを提供する食品」(少し高級な食品、簡単調理で本格的な味が楽しめるミールキットなど)、③

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media