米フェデックス貨物航空部門、欧州で最大6300人削減へ

ロイター
Pocket

ロサンゼルスの空港で撮影されたフェデックスの貨物機
米宅配大手フェデックスの貨物航空部門子会社フェデックス・エクスプレスは19日、欧州で5500─6300人の人員削減を計画していると発表した。ロサンゼルスで昨年12月撮影(2021年 ロイター/LOS ANGELES WORLD AIRPORTS)

[19日 ロイター] – 米宅配大手フェデックスの貨物航空部門子会社フェデックス・エクスプレスは19日、欧州で5500─6300人の人員削減を計画していると発表した。

フェデックスは欧州事業拡大の一環として、2016年にオランダの企業向け貨物輸送会社TNTエクスプレスを買収。フェデックス・エクスプレスと業務が重複するため、実務部門や管理事務部門の人員を削減するとした。

これにより2023年度までに3億ドル─5億7500万ドルの解雇関連費用が発生する見込みだが、24年度以降は年間ベースで2億7500万ドル─3億5000万ドルのコスト削減が見込まれるという。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media