欧州で冷凍食品が再び脚光を浴びているならではの理由と小売各社の戦略

太田美和子(リテイルライター)
Pocket

西欧の冷凍食品売場
コロナ禍で冷凍食品の売上は急増した。保存性や安さだけでなく、環境に優しくバラエティーが豊富であることから売れ続けている

 2020年は新型コロナウイルス(コロナ)感染拡大が社会や人々の生活に大きな影響を与えた1年だった。ワクチンの接種が徐々に始まったが、事態が収束する兆しはまだみえない。

リテイルライター 太田美和子
リテイルライター 太田美和子

 コロナ禍では、人々の買物動向も大きく変化した。まず、世界的に家庭内で調理をする人が増加し、生鮮食品や調味料、パスタ、小麦粉などがよく売れた。

 もう1つの世界共通の傾向は、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media