ゴジェックとトコペディアが合併交渉、上期の実現目指す=関係筋

2021/01/06 13:00
ロイター

ゴジェックの広告
1月5日、インドネシアの配車・決済サービス会社ゴジェックと同国のEコマース企業トコペディアが合併交渉を進めており、今年前半の実現を目指していることが5日、関係筋の話で明らかになった。写真はゴジェックの広告。シンガポールで2019年3月撮影(2021年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 5日 ロイター] – インドネシアの配車・決済サービス会社ゴジェックと同国のEコマース企業トコペディアが合併交渉を進めており、今年前半の実現を目指していることが5日、関係筋の話で明らかになった。

実現すれば180億ドル超の価値を持つインターネット企業が誕生する。統合会社は米国とインドネシアで上場する計画という。

ゴジェックはさまざまなワンストップサービスを手掛ける。トコペディアは競合相手のブカラパックなどとは異なり自社で在庫を持たない。

テマセク・ホールディングス、セコイア・キャピタル、グーグルなどがゴジェックとトコペディアの両方に投資している。

またトコペディアの株主にはアリババ・グループ・ホールディング、ソフトバンク・グループが、ゴジェックの株主にはウォーバーグ・ピンカス、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)などが名を連ねている。

関係筋は昨年12月に両社がタームシートに署名し資産査定が可能になったと述べた。まだ合意には達していないという。

ゴジェックとトコペディアの創業者や幹部は10年来の友人で、今年上半期の統合を目指しているという。

関係者の一人は「お互いに信頼できるパートナー同士の友好的な交渉だ。大まかな条件ではおおむね合意している」と明らかにした。

別の関係筋がこれまでに明らかにしたところによると、ゴジェックの投資家とソフトバンクグループが出資する配車大手グラブの投資家は両社の合併を支持していたが、合意には至らなかった。

ロイターはゴジェックとトコペディアに取材したが、今のところコメントは得られていない。

ブルームバーグ・ニュースがロイターに先立ちゴジェックとトコペディアの合併交渉について報じていた。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media