アマゾンの新事業に迫る! 世界初グロサリーストア「アマゾンフレッシュ」

2020/09/15 13:58
LA在住ライター 藤本庸子

一般的なスーパーマーケットや「ホールフーズ」と同じような雰囲気を持つ店内
一般的なスーパーマーケットや「ホールフーズ」と同じような雰囲気を持つ店内

なぜグロサリーストアを開店?

Toys “R” Us(トイザらス)」の跡地(住所は6245 CA-27Woodland Hills, CA 91367)に建つ。店舗面積は約3250平方メートル
Toys “R” Us(トイザらス)」の跡地(住所は6245 CA-27Woodland Hills, CA 91367)に建つ。店舗面積は約3250平方メートル

 米国のアマゾン・ドットコムは、米国カリフォルニア州ロサンゼルス(L.A.)郊外のウッドランドヒルズに世界初のグロサリーストア「アマゾンフレッシュ」1号店を今年4月に開店した。開店当初はコロナ禍のため、オンライン注文限定として営業していたが、先月8月27日からアマゾンに招待された地元住民(主にプライム会員)に限って来店が始まっている。
 
 今後数週間以内に同店の全面オープンを行ない、全ての買い物客を受け入れるとしている。

「アマゾンフレッシュ」を開店した理由について、アマゾンのスポークスパーソン、アリ―ス・バナールさんは「L.A.の住民に安い価格の食料品や生活必需品を販売するため。特にコロナ禍に安い価格の商品を販売することは重要だとアマゾンは考えている。他社にはない価値、質の良い商品、便利なサービスというアマゾンの特徴を生かした店となっている」と説明する。

 同店では、オンライン注文も受け付けており、プライム会員の場合は商品の当日配達と店での受け取りが無料。扱う商品は、一般のスーパーマーケットやグロサリーストアで販売している食料品、生鮮食品、日用品など、幅広い分野の商品を揃える。「安くて、質が良い食料品が鍵。料理チームが毎日作る新鮮で美味しい出来立ての調理済み食品も販売している」とバナールさんは、リーズナブルで新鮮な商品の充実ぶりを強調する。

「アマゾン・ダッシュカート」には買い物袋2つまでが入り、商品を入れるたびにカートに搭載されているカメラと重量センサーが商品の値段を自動で認識する。ただし、生鮮食品に関しては客がコード番号などを自分で入力する必要がある
「アマゾン・ダッシュカート」には買い物袋2つまでが入り、商品を入れるたびにカートに搭載されているカメラと重量センサーが商品の値段を自動で認識する。ただし、生鮮食品に関しては客がコード番号などを自分で入力する必要がある

 同店の目玉は、スマートショッピングカートの「アマゾン・ダッシュカート」。客は通常のレジを使用する必要がなく、スマートフォンのアマゾンアプリを利用して便利に買い物ができる。搭載されたカメラと重量センサーによって客がカートに入れた商品を自動認識させ、客がダッシュカート専用レーンを通るだけで精算が可能という仕組み。

「客はアレクサの新しい機能を利用して、購入希望商品のリストに従ってカートに店内を誘導してもらう。他社のスーパーマーケットにはない便利なサービスで、アマゾンフレッシュの強みになる」という。

 客は探している商品の売り場を店員に訊く代わりに、アレクサに訊いて商品の売り場を教えてもらうこともできる。最新のテクノロジーを活用した新しい買い物の仕方が今後一般的になるのかもしれない。

アレクサの新しい機能を利用すると、カートが店内を買い物したい商品リストに従って案内してくれる
アレクサの新しい機能を利用すると、カートが店内を買い物したい商品リストに従って案内してくれる

 同店には、対面式の一般的なレジが2台設置してあるが、客の大半は「アマゾン・ダッシュカート」を利用して、自動で清算できるシステムを使う。コロナ禍にレジで他の客や店員との接触を避けることができ、短い時間で安全に買い物ができる便利な同サービスは、今後、需要が増えることが予想される。

 2017年8月より同社は自然食品高級スーパーマーケット「ホールフーズ・マーケット」を傘下に収めているが、「ホールフーズとは競合せず協力していく。ホールフーズはオーガニック食料品がメイン、アマゾンフレッシュはリーズナブルな値段の食料品および日用品などの全般を扱う。一方で、アマゾンフレッシュではホールフーズのプライベートブランド365のオーガニック食品も販売している」とバナールさんは明かす。

 同店の商品について、バナールさんは「全商品、安くてお得な値段がモットー」と何度もアピール。「例えば、ナチュラルな丸ごと鶏肉1羽が0.4キロに付き99セント(約105円)、1.3キロの玉葱が1.69ドル(約179円)、10個入りクェーカー・オートミールクッキー1箱が2.50ドル(約265円)という具合で安い」と説明する。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media