米中堅コンビニのワワ、初のドライブスルー専用店舗を出店、12月に開業予定

2020/08/07 14:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

カーブサイドワワネットで注文した商品を車に乗ったまま受け取ることができる「カーブサイド・ピックアップ」のサービスも行う。

 米中堅コンビニエンスストアのワワ(Wawa、ペンシルバニア州ワワ)は、初のドライブスルー専用店舗をペンシルバニア州フォールズタンシップに出店する。新型コロナウイルスの感染拡大により、外食店などでドライブスルーの利用が急増していることもあり、ドライブスルー専用店舗の出店を決めた。

 8月下旬から店舗の建設工事を始め、12月の開業を目指す。店舗面積は約172平方メートル。インターネットで注文した商品を車に乗ったまま受け取ることができる「カーブサイド・ピックアップ」のサービスも行う。

 米国のコンビニでは、一部の店舗がドライブスルーの注文窓口を設置しているが、ドライブスルー専用店舗は珍しい。

 米国のコンビニの多くはガソリンスタンド併設型で、商品の販売はタバコや飲料、菓子が中心となっているが、ワワは日本のコンビニのようにファーストフードや総菜の品揃えが豊富なのが特徴。このため、朝食や昼食をドライブスルーで購入する需要も見込める。

 ワワは東海岸北部を中心に約900店舗を展開している。現在、ニュージャージー州ウエストハンプトンで建設中の店舗にもドライブスルーを併設する予定だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media