ウォルマート、8月に3度目の特別ボーナス、感謝祭は全店臨時休業に

2020/07/22 10:45
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ウォルマートの従業員
現場従業員に1人当たり150〜300ドルのボーナスを支給する

 米ウォルマートは7月21日、米国の店舗や物流センターなどで働く現場従業員に特別ボーナスを支給すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大以降、同社が特別ボーナスを支給するのは今回が3度目となる。

 支給額はフルタイムの時間給社員が1人当たり300ドル、パートタイムの時間給社員と臨時雇用の従業員が150ドル。配送トラックの運転手、店舗や物流センターのマネージャーとアシスタントマネージャーなども支給対象に含まれる。支給額の合計は4億2800万ドル(約458億円)。

 7月31日時点で在籍しているオフィス勤務以外の社員が対象で、8月20日にボーナスが支給される。同社は4月と6月にも特別ボーナスを支払っており、3回の特別ボーナスの支給総額は11億ドルに達する。この他、本人の業績評価に応じて7月末に支給する予定だった四半期ごとのインセンティブ(報奨金)を4月中に前倒しで支給した。

 また、同社は11月26日の感謝祭当日は米国内の全店舗を臨時休業にすることも発表した。現場従業員が家族とともに祝日を過ごせるようにする。米国では感謝祭翌日の金曜日は「ブラックフライデー」と呼ばれ、クリスマス商戦の幕開けの日として多くの来店客が訪れる。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media