米ウォルグリーン、ドアダッシュと連携して商品を宅配、対象都市を順次拡大

2020/07/20 10:45
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

米ウォルグリーンとドアダッシュのロゴ
ドアダッシュのアプリやウェブサイトで、ウォルグリーン店頭の商品を注文できる

 米ドラッグストア大手のウォルグリーンは、料理宅配サービスのドアダッシュ(DoorDash)と連携して、店舗からの商品宅配を始めた。7月16日にシカゴ、アトランタ、デンバーの3都市でスタート、今夏中にシンシナティ、クリーブランドなど7都市にも広げる。その後も順次、対象都市を拡大し、全米展開を目指す。

 ドアダッシュの専用モバイルアプリまたはウェブサイトから、ウォルグリーンの店頭で取り扱う一般用医薬品や日用品、化粧品、飲料、菓子など約2300品目の商品を注文できる。今夏中には注文できる商品を5000品目に増やす。

 月額9.99ドルを払ってドアダッシュの「ダッシュパス(DashPass)」会員となっている場合、12ドル以上を注文すると配達料が無料となる。

 ウォルグリーンは、ドアダッシュの競合相手であるポストメイツ(Postmates)と連携した商品宅配サービスをすでに展開しており、今年3月末には全米50州の7000店舗以上に同サービスを広げた。

 ドアダッシュは料理宅配サービスの米国最大手。米国、カナダ、オーストラリアの4000以上の都市で事業を展開している。ウォルグリーンと並ぶドラッグストア大手のCVSファーマシーやコンビニエンスストアの米7-イレブンなどもドアダッシュと連携して商品宅配を行っている。

 なお、ポストメイツについては、同業のウーバー・イーツを傘下に持つ米ウーバー・テクノロジーズが、株式交換で完全子会社化することを7月6日に発表している。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media