マクドナルド、米国の店内飲食再開を3週間延期へ コロナ拡大で

2020/07/02 12:30
ロイター

米マクドナルドの看板
米マクドナルドは、米国での新型コロナウイルス感染者増加を受け、同国の店内飲食サービス再開を21日延期することを計画している。ロイターが確認した書簡で明らかになった。写真はニューヨークのクイーンズ区で3月撮影(2020年 ロイター/Andrew Kelly)

[1日 ロイター] – 米マクドナルドは、米国での新型コロナウイルス感染者増加を受け、同国の店内飲食サービス再開を21日延期することを計画している。ロイターが確認した書簡で明らかになった。

マクドナルドは米国の店舗の約99%がドライブスルー、デリバリー、持ち帰りの営業を行っている。

米国事業のプレジデント、ジョー・エアリンガー氏らは書簡で「当社の耐性が再び試される。新型コロナ感染者は過去2週間で65%増加している」と警鐘を鳴らした。

マクドナルドの株価は、時間外で約1%下落している。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media