米GDP確報値、第1四半期は5.0%減、改定値から変わらず

2020/06/26 12:00
ロイター

メリーランド州オクソンヒルのスーパーで買い物をする人
米商務省が25日発表した第1・四半期の実質国内総生産(GDP)確報値(季節調整済み)は年率換算で前期比5.0%減だった。メリーランド州オクソンヒルで5月撮影(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[25日 ロイター] – 米商務省が25日発表した第1・四半期の実質国内総生産(GDP)確報値(季節調整済み)は年率換算で前期比5.0%減だった。改定値から変わらず、市場予想と一致した。

第4・四半期GDPは2.1%増だった。

最終需要が3.5%減。改定値は3.7%減だった。米経済の3分の2以上を占める個人消費は6.8%減と改訂値から変わらず。

住宅投資は18.2%増と、改訂値の18.5%増から下方改定された一方、設備投資は7.9%減から6.4%減に上方改定された。

輸出は9.0%減。改定値は8.7%減だった。輸入は15.7%減と改定値の15.5%減から下方改定された。

GDPデフレーターは1.6%上昇と変わらず。市場予想は1.4%上昇だった。

米コアPCE価格指数は1.7%増。改訂値は1.6%増、市場予想も1.6%増だった。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media