米マクドナルド、英とアイルランドでドライブスルー店舗を全面再開

2020/05/13 14:00
ロイター

ロンドンのマクドナルド
米マクドナルドは5月12日、英国とアイルランドで新型コロナウイルス感染拡大に伴って実施されていた道路規制が緩和されていることを受け、6月初めまでに両国のドライブスルー店舗をすべて再開するとの計画を明らかにした。3月18日、ロンドンの店舗で撮影(2020年 ロイター/John Sibley)

[12日 ロイター] – 米マクドナルドは12日、英国とアイルランドで新型コロナウイルス感染拡大に伴って実施されていた道路規制が緩和されていることを受け、6月初めまでに両国のドライブスルー店舗をすべて再開するとの計画を明らかにした。

具体的には、5月20日から両国のドライブスルー店舗30ヵ所で営業を再開。13日にイングランド南東部でパイロット店15店をオープンするが、サービスは料理宅配サービス「ウーバー・イーツ」を通じてのみ提供されるという。

また店舗でのサービスについて、メニューや営業時間が制限されるほか、営業と厨房で社会的距離(ソーシャルディスタンス)を守る体制を取るため、感染拡大以前と同じ速さでのサービス提供にはならない可能性があるとした。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media