米スーパーのH-E-B、2時間以内の食品宅配サービス開始、テキサス州で

2020/04/30 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

米スーパーのH-E-Bの食品配達
買い物代行サービス子会社「フェイバーデリバリー」のスタッフが商品を届ける

 米スーパーマーケットのH-E-B(テキサス州サンアントニオ)は、注文を受けてから2時間以内に商品を宅配するサービス「エクスプレスデリバリー」を始めた。買い物代行サービス子会社のフェイバーデリバリー(Fabor Delivery)が、テキサス州在住の会員を対象に商品を届ける。

 テキサス州とメキシコで約400店舗を展開するH-E-Bは、注文を受けた商品を店舗で引き渡す「H-E-Bカーブサイド」と利用者の自宅まで届ける「ホームデリバリー」の2種類のネットスーパーサービスを展開しているが、新たにエクスプレスデリバリーが加わる。

 フェイバーデリバリーのウェブサイトか専用モバイルアプリで商品を注文すると、「ランナー」と呼ばれるフェイバーの買い物代行スタッフがH-E-Bの店舗で商品を購入し、利用者に宅配する。配達料は9.95ドルで、そのほかランナーへのチップとして10ドルが必要。当面の間は、配達料を4.98ドルに引き下げる。

 エクスプレスデリバリーの対象商品は生鮮品や日配品、加工食品、アルコール飲料、日用品などで、一度に注文できるのは25品まで。新型コロナウイルスの感染防止のために、商品は利用者宅の玄関先などに置く。

 フェイバーデリバリーは2013年創業のベンチャー企業で、19年5月にH-E-Bが買収した。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media