米百貨店ロード・アンド・テイラー、破産申請を検討=関係筋

2020/04/21 12:45
ロイター

ロード・アンド・テイラーのロゴ
関係筋によると、米百貨店ロード・アンド・テイラーが破産申請を検討している。写真は同社のロゴ。ニューヨークで2018年11月撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)

[20日 ロイター] – 米百貨店ロード・アンド・テイラーが破産申請を検討していることが分かった。事情に詳しい複数の関係筋が20日、明らかにした。同社は新型コロナウイルス感染拡大で、国内38店舗全ての一時閉鎖を余儀なくされている。

関係筋の一部によると、同社と同社のアドバイザーはこのほか、債権者との救済交渉や追加資金支援の獲得も選択肢として検討している。最終的な決定は、まだ下されていないという。

衣料レンタルサービスを手掛けるスタートアップ企業のル・トートは昨年、米高級百貨店サックス・フィフス・アベニューを保有するカナダのハドソンズ・ベイから1億カナダドルでロード・アンド・テイラーを買収。ハドソンズ・ベイはロード・アンド・テイラーの一部不動産の所有権を維持したほか、年数千万ドルに達する賃貸料支払い責任を引き受けた。

ロード・アンド・テイラーからは、今のところコメントを得られていない。

ル・トートの広報担当者は、ロード・アンド・テイラーはさまざまな選択肢を検討しているとし、それ以上のコメントを避けた。

ハドソンズ・ベイの広報担当者はコメントを避けた。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media