アマゾン、新たに7万5000人を追加採用、新型コロナ検査施設も開設

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

米アマゾンの採用サイト
3月に発表した10万人の採用枠はすでに埋まったという

 米アマゾン・ドット・コムは4月13日、米国内で新たに7万5000人を採用すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で同社のEC(インターネット通販)は利用が急増しており、3月16日に10万人を採用する計画を明らかにしていたが、さらに追加採用して需要拡大に対応する。

 新規採用するのは物流センター要員や自然食品スーパー子会社のホールフーズ・マーケットを含む販売要員、配送トラックのドライバーなど。3月に発表した10万人の採用枠はすでに埋まったという。

 同社は米国とカナダ、欧州の従業員の時給を引き上げるために3億5000万ドルを支出する方針を示していたが、従業員数の増加に伴いこれを5億ドルに増やす。米国とカナダでは2ドル、英国では2ポンド、欧州連合(EU)域内では約2ユーロ、時給を上乗せする。

 また、アマゾンは従業員が新型コロナに感染しているかどうかを判定するための検査施設の開設に着手した。検査を希望していても受けられない従業員が多いため、自社で検査施設を作ることにした。社内の研究者やソフトウエアエンジニア、調達の専門家などがチームを組んで、検査機器の搬入などを進めており、早期に現場従業員が検査を受けられるようにする。

米アマゾン、新型コロナ検査施設開設
自前の検査施設開設に向けて検査機器の搬入などが始まっている

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media