20年の世界貿易、最大32%減 金融危機より落ち込み=WTO

2020/04/09 11:45
ロイター

米ニュージャージー州ニューポート
世界貿易機関(WTO)は8日、2020年に世界のモノの貿易量が13ー32%減ると試算し、世界金融危機のときよりも大幅に落ち込むとの見方を示した。米ニュージャージー州ニューポートで2017年11月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[ブリュッセル 8日 ロイター] – 世界貿易機関(WTO)は8日、2020年に世界のモノの貿易量が13ー32%減ると試算し、世界金融危機のときよりも大幅に落ち込むとの見方を示した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の対応で世界各国が協調すれば21年に持ち直す見通しだ。

新型ウイルスの景気への打撃が不確かなため、WTOが示した20年の試算は幅が広い。

WTOのアゼベド事務局長は声明で「ひどい数字だ。落ち込みを避けることはできない」と述べた。「ただ急速に力強く回復することは可能だ。今の判断が、今後の回復と世界経済見通しを決める」とした。市場を開放したままにすること、予測可能な状態にしておくことが投資を再促進するために必須だと語った。各国が個別で取り組むよりも協調した方が回復は速いとした。

WTOは21年に世界のモノの貿易量は21ー24%持ち直すとの見通しを示した。新型ウイルスの感染拡大が続く期間と、各国の政策の効果に大きく依存するという。

19年は世界のモノの貿易量が0.1%減少し、貿易が弱含んだことを追認。米中を中心とした貿易摩擦や世界経済の鈍化が重しだった。19年10月時点の予測は20年が2.7%増、19年が1.2%増だった。

20年はモノの貿易量がほぼ全ての地域が2桁台の落ち込みとなると述べた。北米とアジアからの輸出が最も減るとの見方を示した。電子製品や自動車製品などバリューチェーン(価値連鎖)が複雑な部門はほかと比べ深刻な落ち込みとなると述べた。

WTOの試算にサービスの貿易は含まれていない。ただWTOは、新型ウイルスによって輸送や移動の制限がかかったことでサービス業が最も大きな打撃を受ける可能性があると指摘した。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media