米マクドナルド、3月既存店売上高22%減・見通し撤回 新型コロナで

2020/04/09 10:31
ロイター

米マクドナルドの看板
米ファストフードチェーン大手のマクドナルドは8日、3月の世界既存店売上高が22.2%減少したと発表した。ニューヨークで3月撮影(2019年 ロイター/ANDREW KELLY)

[8日 ロイター] – 米ファストフードチェーン大手のマクドナルドは8日、3月の世界既存店売上高が22.2%減少したと発表した。第1・四半期の世界既存店売上高も減少した。新型コロナウイルス感染拡大で店舗を閉鎖し、サービスをテイクアウトと宅配に制限していることが響いている。

2020年の業績見通しも撤回。手元資金拡充に向け、自社株買いを停止する方針も示した。

第1・四半期の既存店売上高は3.4%減少し、リフィにティブのまとめたアナリスト予想の0.91%減を超える落ち込みとなった。

マクドナルドは米国内で展開する約1万4000店舗の大半で店内での飲食スペースを閉鎖している。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media