G20は医療用品・食品に新たな輸出規制をすべきではない=世銀

2020/03/31 15:00
ロイター

米ニューヨークにある医療用品の倉庫
3月30日、世界銀行はG20に対し、新型コロナウイルスとの戦いに不可欠となっている医療用品や食品などの主要製品に新たな輸出規制を課さないよう求めた。写真は25日、ニューヨークにある医療用品の倉庫で撮影(2020年 ロイター/Liliana Engelbrecht)

[ワシントン 30日 ロイター] – 世界銀行は30日、20カ国・地域(G20)に対し、新型コロナウイルスとの戦いに不可欠となっている医療用品や食品などの主要製品に新たな輸出規制を課さないよう求めた。

世銀高官はG20貿易相ビデオ会合向けの声明で、新型コロナのパンデミック(世界的な大流行)で世界経済は深刻なリセッション(景気後退)に陥る見通しで、サプライチェーンが阻害され、主要な貿易拠点が打撃を受けていると指摘した。

また、医療品の供給に制限がありリスクに直面している最貧国への影響を緩和するため、必要とされている製品への輸入関税を撤廃・削減するほか、食品などの生活必需品に対する関税や輸出税を引き下げたり、一時停止したりすることもG20各国に求めた。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media