アマゾン、シアトル近郊に新オフィスを建設、1万5000人を雇用

2020/02/07 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

アマゾン、シアトル近郊に新オフィスを建設、1万5000人を雇用
ワシントン州ベルビュー市の中心街に建設されるビルに新オフィスを開設する

 米アマゾン・ドット・コムは2月6日、本社のあるワシントン州シアトル近郊のベルビュー市に建設中の新オフィスで新たに1万5000人を雇用することを明らかにした。新オフィスは43階建てのビルに入居し、2024年までに完成の予定だ。

 ベルビューはワシントン湖を隔ててシアトルの東側に位置し、人口は約14万5000人。アマゾンは現在もベルビューにオフィスを構えており、2000人ほどが働いている。

 新オフィスが入居するビル「ベルビュー600」は、路面電車「ライトレール」の最寄り駅から800メートルほどの距離にあり、多くの社員はこの公共交通機関を利用して通勤するものとみられる。

 シアトル中心街にあるアマゾンの本社では、半数以上の社員が徒歩か自転車、公共交通機関で通勤しており、アマゾンでは車を使わない「グリーン・モビリティ(環境にやさしい移動)」を推奨している。ベルビューのオフィスはグリーン・モビリティの割合がさらに高まると見込んでいる。

 アマゾンは米東海岸のバージニア州アーリントンで20年中に第2本社を着工する予定で、10年間で2万5000人のフルタイム社員を雇用する計画だ。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media