米アマゾン、EVメーカーの米リヴィアンに出資、今年2回目

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

米アマゾン、EVメーカーの米リヴィアンに出資、今年2回目
アマゾンは10万台の配送用EVをリヴィアンから調達する予定だ(写真はピックアップトラック型の「R1T」)

 電気自動車(EV)メーカーの米リヴィアン(Rivian)は12月23日、13億ドル(約1400億円)の資金を投資家グループから調達したと発表した。この投資家グループには米アマゾン・ドット・コムや米フォード・モーターが含まれる。

 リヴィアンの資金調達は2019年に入って4回目で、累計の調達額は今年だけで約30億ドルとなった。今回の資金調達は、投資ファンド運用のTロウ・プライスが主導した。

 リヴィアンは19年2月にも、アマゾンを中心とする投資家から7億ドルを調達しており、アマゾンのリヴィアンへの投資は今年2回目となる。

 リヴィアンは18年11月のロサンゼルス自動車ショーで、ピックアップトラック型の「R1T」とSUV(多目的スポーツ車)型の「R1S」を展示した。2020年後半にも納車を始める予定だ。

 アマゾンはリヴィアンに配送用のEV商用車を10万台発注しており、21年から段階的に導入することを明らかにしている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media