人工肉の米インポッシブル・フーズ、新たな資金調達で評価額倍増も

2019/11/26 16:38
ロイター

人工肉のハンバーガー
11月25日、植物由来の人工肉を製造し、「インポッシブル・バーガー」を販売している米インポッシブル・フーズは、新たな資金調達に向けた投資家との話し合いを続けており、企業価値は5月の前回ラウンドの2倍強になる可能性がある。写真はインパッシブル社に展示された人工肉のハンバーガー。2016年10月6日、米カリフォルニア州で撮影(2019年 ロイター/Beck Diefenbach)

[25日 ロイター] – 植物由来の人工肉を製造し、「インポッシブル・バーガー」を販売している米インポッシブル・フーズは、新たな資金調達に向けた投資家との話し合いを続けており、企業価値は5月の前回ラウンドの2倍強になる可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

インポッシブル・フーズは、消費者の需要が高まり続けている人工肉で市場拡大を模索している。この分野で競争相手のビヨンド・ミートは5月の上場以来、株価が3倍以上になって現在の時価総額は約48億ドルに達する。

関係者の話では、インポッシブル・フーズは今回、評価額を30億―50億ドルにして3億─4億ドルを調達することを目指している。投資家の反応次第では、計画が修正される可能性もある。既存出資者の中からは、もっと高い評価額を設定してより多くの資金を調達するよう求める声も出ているという。

評価額が大幅に切り上がれば、今年になっていくつかの著名新興企業が苦戦を強いられていることはさておき、ベンチャーキャピタル(VC)投資家が高評価企業の私募形式の資金調達を引き続き積極支援する姿勢であることを意味する。

また今回の資金調達は、早ければ来年に見込まれるインポッシブル・フーズの新規株式公開(IPO)の地合いを定めてもおかしくない。

同社の広報担当者は「われわれは長期的な成長を後押しするためのあらゆる選択肢を検討する必要がる。だがIPOに関するいかなる計画や時期も公表はしていない」とだけ述べた。

インポッシブル・フーズは、コースラ・ベンチャーズやホライゾンズ・ベンチャーズといったVC投資家のほか、テニス選手のセリーナ・ウィリアムズ、歌手のケイティ・ペリーなどからの応援を受けており、ピッチブックによるとこれまでに計7億7700万ドルを調達した。

インポッシブル・バーガーは世界中の1万5000を超える飲食店で提供され、最近は米国の一部生鮮品販売店でも取り扱いを開始した。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media