米クローガー、ウォルグリーン店内でのインショップ展開を拡大、新たに35店舗

2019/08/23 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ウォルグリーン 店舗内装
ウォルグリーン店内に「クローガー・エクスプレス」を出店する

 米スーパーマーケット最大手のクローガーは、米ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが展開するドラッグストア「ウォルグリーン」店内でのインショップ展開を拡大する。ウォルグリーンの店内でクローガーのプライベートブランド(PB)商品や生鮮食品などを販売する。

 両社は2018年10月に共同で実証実験に乗り出すと発表、同年12月にケンタッキー州北部にあるウォルグリーン店内で「クローガー・エクスプレス」と名付けたインショップの展開を始めた。現在、ウォルグリーンの13店舗でクローガー・エクスプレスを展開しているが、今年秋からテネシー州の35店舗にもクローガー・エクスプレスを順次出店する。

 クローガー・エクスプレスでは、自然・有機商品「シンプルトゥルース」などクローガーのPBのほか、ミールキット「ホームシェフ・エクスプレス」、ナショナルブランドの日配品や野菜、精肉、冷凍食品など約2300品目を販売する。また、これらの店舗のほとんどで、クローガーのEC(インターネット通販)サイトで注文した商品を受け取れるようにする。

 一方、テネシー州ノックスビルにあるクローガーの17店舗では、ウォルグリーンの化粧品や日用品などのPBを取り扱う。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media