米アップルとゴールドマン、アップルカードの発行開始

2019/08/07 09:52
ロイター

米アップルとゴールドマン・サックス・グループは6日、バーチャルなクレジットカード「アップルカード」の発行を開始した。仏ボルドーで3月撮影(2019年 ロイター/REGIS DUVIGNAU)

[6日 ロイター] – 米アップルとゴールドマン・サックス・グループは6日、バーチャルなクレジットカード「アップルカード」の発行を開始した。

アップルによると、アップルカードに関心を示した限られた利用者に対し6日に招待メールが届くという。

金融商品比較サイト「NerdWallet」のクレジットカードスペシャリスト、サラ・ラスナー氏は、アップルカードはアメックスのプラチナカードなど手数料が非常に高額だが見返りに魅力的な特典が付されているカードとは一線を画すと述べた。

実際のクレジットカードはチタン製だが、カード番号などは表示されず、代わりにiPhone内のチップに保存される。カード番号が必要なオンラインや電話での買い物の際にバーチャルの番号が発行されるという。

米調査会社ループ・ベンチャーズのマネージング・パートナー、ジーン・マンスター氏は、初年度のアップルカードの普及率は低いかもしれないが、2023年までには約14億ドルの高利益率の収益を生み出す公算が大きいと指摘。一方、クリエイティブ・ストラテジーズのアナリスト、ベン・バジャリン氏は、18年度の売上高で2656億ドルというアップルの規模を考慮すると、アップルカードによる収益よりもアップルの顧客を囲う効果の方が重要とした。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media